FX取引で必要不可欠なテクニカル分析

更新日:2012年06月27日

外国為替市場の動向は様々な経済や政治的要因に影響を受け方向性を変えていきます。
それ故に、この方向性を的確に見極める事は至難の業です。
外国為替市場の方向性を把握するためには幾つかの方法があると思いますが、
最も一般的に使用されているものはテクニカル分析です。
ここではFX取引で必要不可欠なテクニカル分析についてご説明致します。
先ず最初に、テクニカル分析とは外国為替市場の値動きをグラフによって表わすものです。
この値動きのグラフを用い売買タイミングをつかみます。
次に、テクニカル分析にはトレンド系のテクニカル指標とオシレーター系のテクニカル指標があります。
代表的なトレンド系のテクニカル指標には移動平均線、
ローソク足、一目均衡表など様々なものがあります。
又、オシレーター系のテクニカル指標にはRSI、
ストキャスティックス、モメンタム、MACDなどがあります。
これらのテクニカル指標を組み合わせ外国為替市場を分析する事により売買タイミングをつかみます。

« 前の記事|次の記事 »